お口の症状について知る

お口の健康は、症状が顕在化するまでなかなか気付きにくいものですが、きちんと症状を理解し予防と対策を身につけることで、お口の健康を保っていきましょう。

むし歯(虫歯)とは

むし歯(虫歯)とは、ミュータンス菌などのむし歯(虫歯)原因菌が出す酸によって、歯のカルシウムが溶かされ、歯がもろくなり、ついには穴が開いてしまう病気のことです。むし歯(虫歯)は歯周病と同じように、重症になるまでは自覚症状が少ないため自分では気づきにくいことが特徴です。しかし、歯に穴が開く前に定期健診などで発見できれば、元の状態に戻すことができます。

3つの要因が重なる条件でむし歯が発生!

むし歯(虫歯)の原因

むし歯(虫歯)は、様々な要因が重なって発生します。その要因のうち大きく関わっているのが、糖質(ショ糖)、原因菌(ミュータンス菌)、歯質(エナメル質・象牙質)です。

むし歯(虫歯)発生のメカニズム

  • 1

    お口の中の原因菌(ミュータンス菌)が糖質(ショ糖)を取り込み、歯垢(プラーク)を形成します。

  • 2

    歯垢(プラーク)の中で原因菌(ミュータンス菌)がさらに増殖し、糖質(ショ糖)から酸をつくります。

  • 3

    酸によって歯質(エナメル質・象牙質)からカルシウムやリンが溶け出します(脱灰)。

  • 4

    むし歯(虫歯)が進行すると歯に穴があいた状態になり、もう元には戻りません。

むし歯(虫歯)の予防と対策

むし歯(虫歯)の予防には、ブラッシングでお口の中を清掃(プラークコントロール)してむし歯(虫歯)菌を取り除くことが必要です。また再石灰化することで、歯を強くしむし歯(虫歯)を防ぐことができます。
フッ素入りハミガキやフッ素洗口液が有効です。

  • むし歯予防薬(フッ素洗口液) エフコート®メディカルクール香味
  • むし歯予防薬(フッ素洗口液) エフコート®(フルーツ香味)
  • バトラーフッ素シリーズで大人むし歯対策! 高濃度フッ素ハミガキ バトラー エフペーストα(アルファ)
  • バトラーフッ素シリーズで子供むし歯対策! 使うたびにむし歯に負けない強い歯へ バトラー エフペーストこども
  • 歯科医推奨設計 日本最薄*ヘッド バトラー エフブラシ

歯周病とは

健康な歯周組織 歯周病の進行した歯周組織

歯周病は歯のまわりの組織(歯周組織)の病気で、細菌によって引きおこされる感染症です。歯周組織のハグキ(歯茎)が赤く腫れたり出血したりする歯肉炎と、炎症が進み歯を支えている骨(歯槽骨:しそうこつ)までもが吸収され、歯周組織が破壊される歯周炎を総称して歯周病と言います。
歯周病が進行すると、歯肉や歯槽骨などの歯周組織が破壊され、歯が揺れて噛めなくなり、最後には歯が抜け落ちてしまいます。このようなことから歯周病は、『歯周組織』を破壊していく病気と言えます。

歯周病の原因

歯周病は歯周病菌の感染によって起こります。口の中が清潔でなくなると、歯や歯とハグキ(歯茎)の境目(歯肉溝)などに細菌の塊であるプラーク(歯垢)がこびりつきます。そのプラーク中の歯周病菌は酸素を嫌う性質を持つ嫌気性(けんきせい)の細菌であるため、自分たちの居心地のよい場所を作ろうと歯肉溝にすみつき増殖します。身体の防御機能に影響を与える要因はさまざまです。一部の歯周病では、遺伝的要因の影響が大きい場合もありますが、成人の方の歯周病のほとんどは、『お口の環境』や『生活習慣』、『全身の状態』が大きくかかわっています。

歯周病を招きやすい生活習慣

歯周病の予防と対策

歯周病の対策には、ブラッシングによるお口の中の清掃(プラークコントロール)により歯周病の原因であるプラークや歯周病菌を取り除くことが必要です。また、ブラッシングだけではみがきにくい奥歯や歯間部のプラークには、デンタルフロスや歯間ブラシ、液体ハミガキや洗口液の使用が有効です。

生活習慣も重要な危険因子なので、タバコを吸う、疲労やストレスをためる、よく噛まずに食べる、間食が多い、つい夜ふかしをしてしまうということが続かないように気をつけましょう。さらに、歯周病は全身状態とも深い関係がありますので、歯周病と全身状態の両方をうまくコントロールしていくことも大切です。

  • バトラーフッ素シリーズで大人むし歯対策! 高濃度フッ素ハミガキ バトラー エフペーストα(アルファ)
  • 幅広ヘッドと約4,200本の極細ぎっしり毛で歯とハグキ(歯茎)にソフトな磨き心地 歯科医師がすすめる バトラー お口にやさしいブラシ
  • ブラッシングでは磨きにくい部位を集中ケア 歯科医師がすすめる バトラー 集中ケアブラシ
  • 歯科医推奨設計!日本最薄※ヘット バトラー エフブラシ ※2018年2月サンスター調べ

口臭とは

口臭とは

口臭は特別なものではなく、誰にでも少なからずあるものです。
ここでは、口臭に対する正しい知識と対策を解説していますので、自信をもって会話を楽しむためにも、口臭のことをきちんと理解して、さわやかな息を手に入れましょう。

口臭の原因

お口由来の口臭にはニンニクやニラを食べた後やタバコを吸った後に一時的に出るものを除くと、“生理的口臭”と"お口の病気やトラブルが原因の口臭”に分けられます。口臭が気になる方は、むし歯(虫歯)や歯周病などが原因で、お口の中の細菌が増殖し、それが臭いガス(VSC)の発生原因となっている場合があります。
VSCには大きく分けて3つの種類があり、これらのにおいが単体、もしくは混ざり合ってお口から発せられることで口臭となります。

口臭の原因

また、お口の中が不衛生である場合や義歯汚れが原因となり、お口の中の細菌が増殖し、口臭の原因になる場合もあります。口臭と同時にお口の乾燥が気になる方は、乾燥によって唾液が持つ洗浄作用や抗菌作用が働きにくくなり、お口の中で細菌が増殖しやすい環境になっている可能性があります。

口臭の対策

舌苔(ぜったい)のケア

口臭が気になる方は、まず最初に舌の表面に白っぽいもの(喫煙習慣のある方は黄色味がかっていることもあります)があるかどうかをチェックしてみましょう。これは“舌苔(ぜったい)”と呼ばれるもので、口臭の原因となります。舌苔を除去するには、舌用のブラシで軽く舌の上を2~3回こすることが有効です。
ただし、舌の表面は傷つきやすいので、強くこすり過ぎないように気をつけましょう。

口腔の清掃/保湿

お口の中が不衛生である場合や義歯汚れが原因で口臭につながっている場合には、お口の中を清潔に保つように心がけることが大切です。口臭と同時に、お口の乾燥(ドライマウス)が気になる方は、お口をうるおすことで、口臭が改善する場合もあります。

むし歯(虫歯)/歯周病予防

「舌もきれいだし、乾燥していない」でも口臭が気になるという方は、お口の中にプラークが潜んでいるかもしれません。プラークはむし歯(虫歯)や歯周病の原因になるため、より丁寧な口腔清掃を行いましょう。

  • 医師がすすめる バトラー やさしい舌ブラシ
  • バトラーフッ素シリーズで大人むし歯対策! 高濃度フッ素ハミガキ バトラー エフペーストα(アルファ)

知覚過敏とは

知覚過敏

歯周病や強いブラッシングなどの原因によりハグキ(歯茎)が退縮したり、エナメル質が消失したりすると象牙質が露出します。象牙質表面には象牙細管という細い管が開いており、この奥にある神経へ刺激が伝わり、しみる・痛いなどの症状が現れます。今までは何でもなかったのに、冷たい物を飲食したり、ハブラシの毛先が当たったり、風が当たるだけで「歯がしみる(痛む)」症状が出たら、それはまさに知覚過敏かもしれません。

象牙質露出/エナメル質消失の原因

象牙質露出/エナメル質消失の原因には、以下のようなさまざまなものがあります。

歯周病

歯周病や歯周病の治療によりハグキ(歯茎)が退縮し、象牙質が露出しやすくなる場合があります。

強いブラッシング

ハブラシで力任せにゴシゴシとブラッシングをすることで、エナメル質が削れたり、ハグキ(歯茎)が退縮し、象牙質が露出しやすくなる場合があります。

知覚過敏の予防と対策

知覚過敏の方は、毎日の歯みがきがしみて痛みを感じる場合がありますので、知覚過敏でしみるのを防ぐハミガキの使用をお勧めします。ハグキ(歯茎)の退縮が知覚過敏を引き起こす原因になることがありますので、ハグキ(歯茎)の退縮に気をつける必要があります。そのためには、適切なハブラシを用いて正しいブラッシングを行いましょう。

幅広ヘッドと約4,200本の極細ぎっしり毛で歯とハグキ(歯茎)にソフトな磨き心地 歯科医師がすすめる バトラー お口にやさしいブラシ