子供むし歯とは

子供のむし歯(虫歯)が発生しやすいのは、前歯と奥歯です。また、乳歯や生えかわって間もない永久歯はエナメル質が薄くやわらかいため、むし歯(虫歯)が進行しやすいのです。

子供がむし歯(虫歯)になりやすい部分

子供がむし歯(虫歯)になりやすい部分

「子供むし歯」に
効果的な対策はフッ素にあり!

フッ素には、歯からカルシウムが溶け出すことを抑制するチカラがあります。同時に、いったん溶け出してしまったり、既に唾液中に存在するカルシウムを歯に取り込む働きも知られていて、歯の質そのものを強化してくれます。さらに、フッ素はむし歯(虫歯)菌自体の活動を抑える働きももっていて、むし歯(虫歯)予防に大変効果的な成分といえます。

むし歯(虫歯)になりやすい子供の乳歯・永久歯の再石灰化*を促進。
子供の歯はむし歯(虫歯)になりやすい反面、フッ化物による再石灰化が大人の歯よりも促進されやすいため、むし歯(虫歯)対策がポイントになります。
*再石灰化:歯から溶け出したカルシウムが再び歯に取り込まれることです。

再石灰化を促進
むし歯(虫歯)に負けない強い歯へ

フッ素が唾液中のカルシウムの取り込みを促進するイメージ

フッ素が唾液中のカルシウムの取り込みを促進するイメージ
(イメージ図)
  • バトラーフッ素シリーズで子供もむし歯対策!使うたびにむし歯に負けない強い歯へ バトラーエフペーストこども
  • むし歯予防薬(フッ素洗口液) エフコート®(フルーツ香味)