よくある質問

バトラー製品やむし歯(虫歯)についてお答えします。

Q.むし歯(虫歯)のリスクが高くなるのはいつ?

「むし歯(虫歯)は子供のもの」と考えている人も少ないと思いますが、むし歯(虫歯)には「子どものむし歯(虫歯)]と「大人のむし歯(虫歯)」があります。それぞれ異なる理由でむし歯(虫歯)のリスクが高くなります。子供むし歯は減少傾向にありますが、最近では大人のむし歯が増えており、注意が必要です。

Q.大人むし歯とは?

大人のむし歯(虫歯)とは、一度治療した詰め物の隙間からむし歯(虫歯)が再発したりする「二次う蝕」や歯茎が弱って下がることで歯の根元がむき出しになり、そこからむし歯(虫歯)になる「根面う蝕」のことをさします。さらに、子どものむし歯(虫歯)と違って、象牙質が厚くなり、「痛みを感じにくい」といった特徴があるので、むし歯(虫歯)に気づくのが遅れることもあり、とてもやっかいです。

Q.なぜ、大人むし歯が増えているの?

昨今、口腔のケアの意識の高まりから、成人の残存歯は増えています。厚生労働省と日本歯科医師会が推進している「8020運動」(80歳になっても20本以上自分の歯を保とうという運動)の効果ともいえます。しかし、皮肉にも歯を抜かずに残っている歯が多いため、大人特有のむし歯(虫歯)である「二次う蝕」や「根面う蝕」が増加していると考えられます。

Q.大人むし歯を気をつけるべき人は誰?

子供のむし歯(虫歯)は減っていますが、依然として成人では90%以上の人がむし歯(虫歯)を経験し、治療をしています。つまり、一度むし歯(虫歯)になったことがある人はむし歯(虫歯)の再発リスクがあります。また、「根元むし歯(根面う蝕)」についても歯周病や加齢により歯茎が下がってきている人は注意が必要です。

Q.おすすめの大人むし歯のケア方法は?

ブラッシングによるプラーク(歯垢)除去が基本です。むし歯(虫歯)の原因となる細菌のすみかであるデンタルプラークを除去することとあわせて、フッ素を積極的に活用することがポイントです。フッ素は歯からカルシウムなどが溶け出すことを防ぐとともに、再石灰化を促進し、歯の質を強くします。また、歯の根元のセメント質や象牙質は表面のエナメル質よりもやわらかく、酸に弱いので積極的に取り入れてほしいと思います。

Q.フッ素の働きは?

通常のお口の中では、だ液を介して歯からカルシウムなどが溶け出したり、再び取り込まれたり繰り返しています。そこにフッ素が加わると、溶け出しを抑制するとともに、取り込みを促進してくれるので、歯を強くしてむし歯(虫歯)から守ってくれます。また、むし歯(虫歯)の原因菌のひとつであるミュータンス菌の働きも抑えてくれます。ですから、常にお口にフッ素をとどめておくことがむし歯(虫歯)予防に効果的といえます。

Q.フッ素は安全なの?

フッ素は歯の質を強くして、むし歯(虫歯)予防に効果があり世界各国で使用されています。また、イワシや海藻などの食品にも含まれており、身近な存在でもあります。

Q.エフコートはどこで売っているの?

薬局または薬剤師がいるドラッグストアで販売しております。

Q.エフコートを妊娠中、授乳中でも使っていいの?

妊娠中、授乳中でもご使用いただけます。「エフコート」はブクブクうがいをして吐き出す用法であり、胎児や母乳に影響を与えることはほぼないと考えられます。また、産前産後はホルモンの変化により唾液が減ったり、つわりで歯みがき(歯磨き)がおろそかになったりすることから、むし歯(虫歯)リスクが高くなるので、積極的なむし歯(虫歯)予防が大切です。

Q.エフコートさえ使っていればむし歯(虫歯)にならない?

むし歯(虫歯)になるかどうかは、歯からカルシウムが溶け出す脱灰と、歯にカルシウムが戻る 再石灰化のバランスです。エフコートは再石灰化を促進し脱灰を抑制することで、むし歯(虫歯)の リスクを下げますが、他の要因(糖分の供給、清掃状態、唾液の条件など)によって、 リスクが上回る箇所は、むし歯(虫歯)になることがあります。 毎日のていねいな歯みがきはもちろん、1年に1度は歯科医院でむし歯予防ができているか チェックしてもらうことがおすすめです。

  • バトラーフッ素シリーズで大人むし歯対策! 高濃度フッ素ハミガキ バトラー エフペーストα(アルファ)
  • バトラーフッ素シリーズでむし歯対策! フッ素洗口液 エフコート®
  • バトラーフッ素シリーズで子供むし歯対策! 使うたびにむし歯に負けない強い歯へ バトラー エフペーストこども
  • 歯科医推奨設計!日本最薄※ヘット バトラー エフブラシ ※2018年2月サンスター調べ